アクセスランキング
amazon キャンペーン


amazon ranking


test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルト naruto 確定ネタバレ 610

ナルト naruto 確定ネタバレ 610の最新情報!

ナルト 610のネタバレは続きから~


ナルト naruto 確定ネタバレ 610


610:十尾

ついに・・・!!

ナルト「!! あ、あれって・・・」
カカシ「あれはっ・・・!!」
八尾「(まちがえねぇ)」
ガイ「・・・!?」

駆け出すマダラ、オビト
突風に煽られるナルトとカカシ

ナルト「うぐっ・・・」
九喇嘛「そうだ、あれが・・・
十尾だ!!」

ものすごい雄叫びを上げる十尾
その上に着地するマダラとオビト

ナルト「魔像の悪いチャクラが深まった・・・」
カカシ「クソッ・・・!あいつらハメやがった・・・!!」
九喇嘛「アレは感情や理想なんて持っていやしない・・・感知できないぞ。
アレはこの星を取り巻くエネルギーと同じだ。
地や水・・・風に感じるのと同じもの・・・
お前が仙人モードの時ともまた少し違う」
ナルト「成る程な・・・!まぁアレが自然エネルギーだっつーなら・・・
どんだけ強ェのか調べねーと!」
九喇嘛「やめろナルト、無駄だ・・・」

座って仙人モードになるナルト

九喇嘛「計り知れないものだと・・・計るだけだ」

その力の膨大さに冷や汗をかくナルト

ナルト「・・・ヘヘッ・・・面白くねーってばよ・・・」

十尾の腕のようなものがオビトとマダラの首の裏に粘着

マダラ「あいつらは十尾が復活する前に捉えておきたかった・・・
予想したより よくやる」
オビト「オレは無限月読の儀を今すぐに始めたい」
マダラ「・・・あの巨大幻術を用いて月を口寄せするには時間がかかる。
奴らも邪魔になる・・・
まずは魔像の力であいつらを処分するのが最も確実だ
違うか?」

オビトを横見するマダラ

オビト「・・・・マダラ・・・アンタはただ十尾の力を試したいだけなんだろう?
それだから・・・」

前を見つめるオビト

オビト「まるでただのガキだ」
マダラ「それは違うな・・・餓鬼は・・・
焦り過ぎて待てない者のことだ」

十尾の暴れる様子を見る八尾と九尾

八尾「おい、ありゃぁとんでもねェ相手だ・・・
てめーは本当にアレと戦いてぇのか?」
九喇嘛「怖いからっていつまでもタコ壷に隠れていられると思っているなよ!
だがその前に、あのガイって男をオレに渡せ!あとで回復させる!」
ナルト「!」
八尾「ホラよ!」

ガイをポイッと投げる八尾

ガイ「うわぁ!」
九喇嘛「あのナルトとカカシもだ!」
ナルト「おう!!」

隣に立つカカシを抱えて九喇嘛の口元までジャンプするナルト、それをパックンする九喇嘛

九喇嘛「聞け、まずは距離を保ってアレが何をするか見極めるぞ!
アレの出方によっては可能な限り近くから攻撃する!
さっき言ったようにな!!」
ナルト「九尾、まるで隊長のようだな」
九喇嘛「文句あるか?!」

カカシ「いや・・・なんだか・・・嬉しいよ!」
ナルト、そのやりとりを笑顔で見つめる

九喇嘛「勝つまで待ちな!行くぞ!!」

突撃する九喇嘛

カカシ「!!」

ビクンとなるナルト
十尾が一撃の殴りで九喇嘛と八尾を後方へ吹き飛ばす

ナルト「(かなり速ェ・・・)」

体勢を戻しながら尾獣玉を作り出す九喇嘛

カカシ「(あまり様子見している時間は無いな・・・!)」
ガイ「うぐ・・・!」
ビー「今だ、はっつぁん!!」

同じく吹っ飛びながら尾獣玉を作り出している八尾、九喇嘛と共に・・・

    連続尾獣玉!!!

マダラ「避ける必要もない」
オビト「オレは尾獣の力は出来るだけ保存しておきたいがな」

飛んできた尾獣玉を口元に蓄える十尾

八尾「!!(これは・・・)」
九尾「!!(まずい・・・)」

尾獣玉が返ってくる・・・!

八尾ー「ウィィイイイ!!」

尾で構える九喇嘛と八尾

八尾、ビー「あとは任せたぜ」

もの凄い衝撃
そして九尾の巨体の前で、消えるモノ

マダラ「なかなか強情だ・・・」

ガイ「!!オイ・・・ナルト、お前・・・!!」
ナルト「あせんなって、ゲキマユ先生」
九喇嘛「いいコントロールだ、ナルト!
上手いこと投げやがった!!」
カカシ「(足をすまない。・・・行くぞ!
神威!)」

八尾のタコ足を吸い込むカカシ
ナルト「あぁ、あのタコ足を投げたのは間違えだったみてェだな・・・!」
ガイ「おお!!」
ニヤリと微笑する九喇嘛
カカシ「ビーさん・・・!!八尾・・・!!」
ビー「タコ足の作戦!!不公平でサーセン!!」

神威から、十尾とその上のオビト、マダラめがけて尾獣玉と共に飛び出す八尾、ビー
八尾「てめェの目ん玉につっこんでやらァ!!」

奇襲!!

おわり


ナルト naruto 610の内容は以上です。



関連記事

三十路のゾロ
三十路のゾロ
皆さんよろしゅー^^
  
//お問い合わせ//
 
スポンサード リンク
検索フォーム
サイト内検索

ウェブ検索

投票してね!
アクセスランキング


リンクして頂ければランキングに自動的に参加となります。

詳しくは⇒こちらから!

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。