アクセスランキング
amazon キャンペーン


amazon ranking


test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

onepiece ワンピース 確定ネタバレ 687

onepiece ワンピース 確定ネタバレ 687について


ワンピース 687の翻訳詳細バレです

onepiece ワンピース 確定ネタバレ 687の翻訳詳細バレ





ワンピース 687話

野獣

扉絵 逃亡のカリブー

━━ビスケットルーム出口━━
海兵「行くぞ、G5! 大佐ちゃんに言われたように急いであのガキどもを
助けだすんだ!」

海兵「シーザーの他にもロギアがいるなんてな!おれらじゃ打つ手なしだぜ!
黒脚のアニキ!何でおれ達が攻撃した時に手を貸してくれなかったんだ!」

サンジ「毎回助けてくれるなんて思うんじゃねェよ!おれァ女は絶対蹴らん!」

海兵「だが攻撃しねェと死んじまうかもしれねェんだぜ?」

サンジ「ならおれは死を選ぶ!」

海兵「!?? んなバカな…」

海兵「でもよ、あの海賊狩りは容赦なく何もかも斬っちまいそうだったぜ
あの眼はヤベェよな」

サンジ「驚いたことにな、あんなでも繊細なとこもあるんだぜ。
野郎は自分のすべきことを絶対に成し遂げるやつだ。あいつに任しときゃいい。
たしぎちゃんんのことも心配はいらねェよ。とにかくだ、ナミさん、ロビンちゃん、たしぎちゃんに
褒めてもらうために、さっっさとあのクソガキ共を助けるぞ!」

海兵「うおおおお!」

━━ビスケットルーム出口前━━

ゾロ「どけ、てめェ!」

たしぎ「どこにいようと私の勝手です」

ゾロ「邪魔だってんだろ!」

たしぎ「何とでも思って下さい」

ゾロ「なら、おれは海賊として、てめェに注意することにするからな!
それでいいな、女海兵!」

たしぎ「あなたには無理です」

ゾロ「何?」

たしぎ「あなたには私を…女性を斬れません!」

※※※回想開始※※※

たしぎ「なぜ斬らないっ!」
ゾロ「……」
たしぎ「私が女だからですか」
ゾロ「てめェの存在が気に食わねェ!!」
たしぎ「んな!?」
ゾロ「いいかお前のその顔っ!昔死んだおれの親友そっくりなんだ!!
しまいにゃあいつと同じようなことばっかり言いやがって!
マネすんじゃねェよ、このパクリ女が!!」
たしぎ「んな!?何をそんな子供みたいな…」

※※※回想終了※※※

たしぎ「…!!(ふくれっ面)」
ゾロ「!?」(汗)
たしぎ「女は弱いと思ってるんでしょう!だから手を抜いて戦うんですよね!
トドメを刺さずにおいても負けないと思っていても、勝ったことにはなりません!
だから私は残ったんです!もしこのロギア能力者が私の部下を追いかけてきたら
被害は甚大です!」

ゾロ「おれをコケにしてんのか?」
たしぎ「はい」
ゾロ「!!」
ゾロ「…好きなようにやってみろ」(その場に座り込む)
たしぎ「え?」
ゾロ「その女に仲間を追わせねェってのは、おれの仕事でもある。
この通路をおれが守っていれさえいば、それでいいって話だ」

たしぎ「何を悠長な…もう時間がないんですよ?あなたも逃げて…」

ゾロ「気をそらすんじゃねェよ…敵がてめェを殺そうとしてるんだぜ」

モネ「そのとおり…!彼の弱点を教えてくれて感謝するわ!
多少あなたが覇気を使えたところで、私があなたを細切れにできることに
変わりはないわ!」

たしぎ「…!!」

モネ「覇気は能力者の実体を捉える技だけど、私の速度についてこれなければ
捉えることはできないわよ!うふふふ!」

モネ「そうでしょ!?」

たしぎ「わァァァっ」

モネ「冷たい人ね…」(見るだけのゾロに向けて)

ゾロ「雪女に言われたくねェな」

たしぎ「他所見しないで!」

モネ「ふふふ…雪合戦でもしない?雪兎!!」

たしぎ「剃!」

モネ「!!スモーカーの右腕…少し見くびってたようね…雪嵐!」

ゾロ「…!!おいおい!」

モネ「あなたの部下にも挨拶しておかないとね」(たしぎの背後に回る)

たしぎ「!?あああああ!」(回想:海兵「おれの肩が?どうなっちまったんだ?」)

モネ「何をしてるの?放しなさい」

たしぎ(もし放したら…肩が裂かれる!)

モネ「こんな風にあなたの肩を食べてしまうこともできるのよ」

たしぎ「ああああ!」

バシュッツ(斬撃が飛んでくる)

モネ「!??」(頬から流血)

ゾロ「手間取りすぎだ…時間切れだ…今からおれも参戦する」

モネ「彼は女性を傷つけられないはずでは…?
さっきの斬撃は完全に私を傷つけるために向けられたものだった!ハァハァ…」

ゾロ「おれを侮ってたみてェだな、雪女。おれに敵わねェと悟った時点で逃げ出しとく
べきたったんだよ。確かにおれにも斬りたくないものはある…だがな、
ひとつ尋ねるが…『絶対に』人を噛まない野獣なんて聞いたことあるか?」

モネ「…??」

ゾロ「おれはねェな」(モネに向けて突進する)

モネ「何?体が…動かない!」

ゾロ「一刀流 大震撼!!」

モネ(私を斬る気だわ!!)

ゾロ「これで満足か?」

たしぎ(斬った…)

モネ「ハァハァ…なめられたものね…」(再生しようとするモネ)

たしぎ「え?生きてる?そんな!覇気を使わなかったと!?」

(…彼女は自分の体を自由に動かせてない…なぜなら彼が
覇気を使っていれば死んでいたと知っているから…圧倒的な敵への
恐怖!こんな風に勝負に勝つこともできるというのですか?
麦わらの一味が姿をくらませていたたった2年で、一体どこで何を
していたというの?一体どれだけ強くなってるの?)

モネ「…行かせ…ないわ…」

たしぎ「霧時雨!!あなたの…負けです」

たしぎ「ハァハァ…何を考えてるんですか?結局とどめを刺さなかったじゃないですか!
私が言ったとおりになりましたね」

ゾロ「てめェが先に斬ったってだけの話だ。勘違いすんじゃねェよ。
もしてめェが斬らなかったら、おれが斬ってただけだ」

たしぎ「…!!うそつき!フェアじゃありません!私が斬った後に後出しで
言ってるだけじゃないですか!」

ゾロ「別にてめェがそうする必要はなかっただろ。だが…」(たしぎの肩をポンと叩く)
よくやったぜ、メガネ大佐。お前は奴を見方の誰にも近づかせなかったんだ。お手柄だな」

たしぎ「んな!?何をあなたが私より格上みたいな言い方をしてるんですか!?」

ゾロ「そりゃお前はおれより下だからな」

たしぎ「……!!」(怒)


ワンピース 687話 終わり




onepiece ワンピース 確定ネタバレ 687は以上です。




関連記事

三十路のゾロ
三十路のゾロ
皆さんよろしゅー^^
  
//お問い合わせ//
 
スポンサード リンク
検索フォーム
サイト内検索

ウェブ検索

投票してね!
アクセスランキング


リンクして頂ければランキングに自動的に参加となります。

詳しくは⇒こちらから!

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。