アクセスランキング
amazon キャンペーン


amazon ranking


test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルト naruto 確定ネタバレ 607

ナルト naruto 確定ネタバレ 607について

簡易

ナルト naruto 確定ネタバレ 607

NO.607 

どうなろうと気にしねぇ


うちはマダラとして、マダラの夢の世界を語り
長門・弥彦・小南を口説くオビト
「話がうますぎる」
として弥彦がこれを拒否、交渉決裂。

去り際、長門にだけ囁く

「いつか…お前にもわかる」


場面変わって木の葉の里

【のはらリン】
と書かれた墓の前でクシナの出産について零すカカシ。
それを隠れてみていたオビト(ぐるぐるじゃない方の仮面装備)
どうやらそこから情報を得たらしい

出産の日。
木の葉の忍だったころの思い出を振り返りながら、
ミナトと対峙するオビト

(ミナト先生…この場所は…)
(この世界なんて…オレはもうどうなっても気にしねぇ)


現代へ

「この野郎!俺がその四代目の息子だ!!」

とびかかるナルト。
九尾モード全開のナルトに、マダラは木龍を呼び出し応戦。

九尾VS木龍。その傍らで

「何故だ!?」
「何故マダラみたいなやつに協力する!?」

「……」
「お前に語ることなどない」
「残っているのは…俺達の最後の戦いだけだ」

カカシVSオビトで次週




ナルト naruto 確定ネタバレ 607は随時更新中!!

関連記事

三十路のゾロ
三十路のゾロ
皆さんよろしゅー^^
  
//お問い合わせ//
 
スポンサード リンク
検索フォーム
サイト内検索

ウェブ検索

投票してね!
アクセスランキング


リンクして頂ければランキングに自動的に参加となります。

詳しくは⇒こちらから!

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。