アクセスランキング
amazon キャンペーン


amazon ranking


test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルト naruto 603 確定ネタバレ

ナルト naruto 603 確定ネタバレについて

翻訳版


ナルト naruto 603 確定ネタバレ

603話:リハビリ

オビト「ここに来てどのくらいだ・・・?結構経ったような気がするな・・・」
白ゼツ?「良いだろう?家賃払わなくていいんだぞ」
トビのオレンジぐるぐる仮面みたいな顔の人造体「僕らは魔像から作られたから、食べる必要もない・・・
食べ物無し・・・トイレ無し・・・ウンコもしない」
オビト「オレを同レベルにすんな!俺の半分だけがこの変なので出来てるんだからな」
白ゼツ?「でもそれのおかげで飲み食い無しでお前は生きてる。むしろ感謝するべきだぞ。
オレたちだってお前みたいなのと同レベルにされたくないね。感情の無い人造体!
ぐるぐる「僕らはアンドロイドだよ・・・感情はあるでしょ!ウンコはしないけどね。
・・・という訳で、僕らはお前よりマシだよ。語彙と頭脳だって優れてるしね!」
オビト「黙れ!・・・ならオレより凄いって証明してみせろよ!」
白ゼツ?「ぼくら・・・」
ぐるぐる「は・・・」
二人「お前を見張っている!!」
オビト「同時に喋ってんじゃねーよ、うっぜーな!!」
白ゼツ?「ぼくらはお前のリハビリを手伝っているんだ・・・
マダラが目覚めるまでに、回復して使えるようにしろと 命令されたからな・・・」
オビト「チッ!昼寝の間に俺の番をするように、そこらのテキトーな喋る人形に命令したってのか?
俺はここから出て、リンとカカシの場所へ帰るんだからな!!」
ぐるぐる「ムリムリ・・・ここに出口は無いし・・・
ここにお前を連れてこいって命令した後に・・・彼、巨大な岩でこの通路を塞いじゃったからね」
白ゼツ?「ところで、お前寝てる間”リンリンリン”てずっと言ってるけど。
鐘でも探しているのか?」
ぐるぐる「たまに”バカバカバカ”とも言うよね。あと、”バカカカシ”」
白ゼツ?「あぁ!それもだ」
ぐるぐる「あれ、どういう意味なの?」
白ゼツ?「んー・・・本人に聞いてみたらどうだ?」
オビト「・・・・・オレ、ほんとにそんな事言ってんのか・・・?」
ヒソヒソ話している白ゼツとぐるぐる
ぐるぐる「うーむ・・・ちょっと聞いてもいい?」クルリ
オビト「アァ?!」
ぐるぐる「便意だよ!・・・つまり、ウンコしなきゃいけない時って、どう感じるの?」
オビト「お前もバカカカシだ!!!なんでそんなにウンコに興味あるんだよ?!」

白ゼツ?「なんだよ、そんなに怒ることないじゃないか・・・
ならリンとバカカカシについて教えろよ!」
オビト「お前が特に嫌いだ・・・そのぐるぐるしてるお前だ!
もう一つの白いのはどこ行ったんだよ?」
白ゼツ?「奴は外に情報収集に行ったよ・・・」
オビト「え?!外に行けるのかよ?!」
白ゼツ?「うん、ぼくらは地中を移動できるからね」
オビト「んだよそれ・・・
オレはここに囚われの身だ・・・くだらねー事ばかり言いやがる奴らと・・・」
ぐるぐる「ウンコの話してゴメンね」
オビト「そういう意味じゃねーよ!マダラが言ったことだ!」
白ゼツ?「子供と話すのあまり得意じゃないんだと思うよ、彼は」
オビト「運命を変えるとかなんとか・・・」
白ゼツ?「ま、単純に言えば。彼は世界の悪い事を全て排除して、
良い事だらけの夢の国へ逃げ込みたいんだよ!
・・・何でも出来る夢の中へね・・・死者すら生き返らせる事のできる」
オビト「・・・オレ 夢みてるのか・・・?」
ぐるぐる「んー・・・そうだね・・・
彼はデッカイ夢の国を幻術で作って、みんなをそこに連れて行きたいんだよ。
・・・まぁ、連れて行くってよりは、強制的に・・・永遠にね」
オビト「幻術で、か・・・?もうバカバカしくて理解できねーよ」
ぐるぐる「マダラ程の力を持っていれば何でもできるよ・・・
今は弱っているから出来ないけど、だから準備をしてるんだ」
オビト「まぁ、どうでもいいね。そんなことより・・・
オレは絶対にこの場所を出る!」

ミナト班を思い出しつつ、歩く練習をするオビト
オビト「グッ・・・」プルプル
 【4人の写真を撮ろうとしている回想。回想でオビトは遅刻して登場する。】
オビト「ウグッ・・・!」グラ・・・
ぐるぐるがサッとオビトを支えにくる
オビト「?!
・・・・・・・ハァ・・・ ハァ・・・」
 【回想の中、なんとかとれたミナト班の写真。
嬉しそうに自室で眺めるオビト。
オビトの両親と生まれたばかりの彼らしき写真や、
リンの写真、ミナトリンカカシの写真が飾ってある
撮ったばかりの写真の中のリンにキスしようとするオビト。
横に映るカカシに気付いて変顔】
オビト「ハァ ゼェ ハァ・・・」 プルプル震えながらなんとか立ち、
ぐるぐるや白ゼツぽいの、他の人造体に笑顔を向ける。
ぐるぐるはバンザーイしてくれる。
 【ミナト班の写真のカカシの顔の上にバッテンでテープつけちゃったオビト。
また写真の中のリンにキスしようとしていたら、本物のカカシが
窓の外から様子を覗き見していた】
ベッドの上等でバランスをとるリハビリ中のオビト。
 【リンに見つめられてると思ったら、彼女は修行に励むカカシを見ていたという】
腕立て伏せ、ジャンプまでできるようになたリハビリオビト。
 【三人で手裏剣練習。オビトは手に怪我を負うも、無かったフリ。だが、、
リン「カッコつけて傷を隠さないで。私、ちゃんと見てるんだからね」
と、オビトの手傷を治すリン】
 髪が伸びてきて、体も少し大きくなってきたオビト。
オビト「・・・・・(慣れてきた・・・
もう少し・・・もう少しで会えるぞ・・・リン・・・カカシ・・・!)」
その顔には笑顔が。
ズズッと白ゼツ?が魔像の壁から出てくる。
白ゼツ?「今外から帰って来た!!お前が話してた、あのリンとバカカカシが
危険に晒されてる!!」
オビト「!!何が起きたんだ?!」
白ゼツ「奴ら二人きりで、霧隠れの忍に囲まれてる!!」
ベッドを飛び出して塞いでいる岩を殴るオビト、
だが付け足されていた左腕がズリュと取れる
オビト「ぐわぁ!! ・・・・・」
ザッとやってくるぐるぐる
ぐるぐる「その体でまだ岩は破壊できないよ・・・」
オビト「リンをカカシを・・・助けないと・・・!」
ぐるぐる「・・・・・」ズズっとグルグルが解ける
ぐるぐる「僕の体を着ればいいよ!」
ズズズ、とオビトの体にまきつくぐるぐるの体
オビト「・・・・お前、マダラの配下じゃないのか?
いいのかよ・・・?」
白ゼツ?「こいつは良いヤツだ」
ぐるぐる「リンとカカシを救いたくないの?」ズズ・・・
オビト「・・・・ありがとう!!」
例のぐるぐる仮面のようなのが頭についた状態のオビト。

オビト、戦場へ!!
次号、巻頭カラー!

関連記事

三十路のゾロ
三十路のゾロ
皆さんよろしゅー^^
  
//お問い合わせ//
 
スポンサード リンク
検索フォーム
サイト内検索

ウェブ検索

投票してね!
アクセスランキング


リンクして頂ければランキングに自動的に参加となります。

詳しくは⇒こちらから!

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。