アクセスランキング
amazon キャンペーン


amazon ranking


test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLEACH ブリーチ 507 確定ネタバレ

BLEACH ブリーチ 507 確定ネタバレについて

翻訳版



BLEACH 507 

The Fire 3


「卍解…?どういうことだ…」
「あの燃えカスで煤けた小さな刀が卍解?」

山本の卍解に疑問をこぼす長髪クインシー

「見誤るな」
「残火の太刀はあの小さな刀に奴の炎の全てを込めた卍解だ」
「一度振るえば終わりのな」
「あの刀には全てを斬り裂き灰に帰す途方もない炎が込められている」

ユーハバッハの解説に山本は不敵に笑い…

「…確かに」
「お主は1000年前にこの卍解を見ておるのじゃったな」
「同じままとでも思うたか?」
「お主のその身をもって1000年前と同じかどうか試してみるが良い」


空を見上げる浮竹
「咽が渇く…」

唇から血をながす京楽
「ん…唇から血が…」

花瓶に活けられた花に目をやる卯ノ花(救護室みたいなとこにいる)

「卯ノ花隊長どうしてでしょう 突然肌が乾きだして」

「ああ勇音 あなたは本当に乙女ですね」

「そ…そういうつもりは…!」

(…すぐに終わらせて下さい)
(この戦いで…あなたの力が尸魂界を壊す前に…)

10番隊サイド

「同情するぜ」

大紅蓮氷輪丸を展開する滅却師に日番谷が語りかける

「俺はもう氷輪丸は使えねぇ」
「気付いてるか?」
「尸魂界中の水が静かに 少しずつ消えていっていることに」
「この力…だれのもんかなんて分かりきってる」
「残火の太刀だ」

だ ん!

深い踏み込みとともに山本が刀を振るう
バックステップで回避したユーハバッハのマントの端が切れる

(斬った)
(だが炎がこない)
(どういうことだ? 本当に1000年前と変ったというのか?)
(だが始解と卍解で異なる能力を持つ斬魄刀などありはしない)
(奴の卍解の力は炎だ それは間違いない)
(この状況…炎はどこへ行った!?)

山本の剣をかわしながら、思考をめぐらせるユーハバッハ

ト ッ

かわした刀が瓦礫に触れる
 
ズ ッ

触れた瓦礫が消失する

「それか!」

「いかにも」

「残火の太刀の東 旭日刃」
「炎の熱を全て刃に集中させる」
「焦がすでも燃やすでもない」
「ただ単純に 触れたもの全てを跡形もなく消失させる」
「たとえ滅却師の防御術“血装”の上からでもじゃ!」

再び斬りかかる山本に

「くだらん」
「つまりはその刀に触れずに貴様を斬ればいいということだ」

ユーハバッハの剣が山本を襲う



確実に命中する距離で振りぬいたはずが、山本は無傷。
己の剣に目をやるユーハバッハ。その剣は刀身が消滅している

「自信過剰も甚だしい」
「人の言葉は覚えておくものじゃ」
「儂は残火の太刀の東と言った」
「東があるということは西もあるということ」
「そうじゃな…お主の眼にも視える様にしてやるかの」

そう言って力を可視化した山本、その身には燃え盛る炎が纏われている

「残火の太刀の西 残日獄衣」
「その熱は1500萬度に達す」
「お主は儂に触れることさえ出来ぬ」
「儂が卍解を使えば この身と刀は太陽の火を纏う」

次週




残火の太刀の説明の回かな?

まだ英語版しかみてないけど


山本じじい自体が燃え始めたよ~!!


明日には日本語読めるからまた^^

関連記事

三十路のゾロ
三十路のゾロ
皆さんよろしゅー^^
  
//お問い合わせ//
 
スポンサード リンク
検索フォーム
サイト内検索

ウェブ検索

投票してね!
アクセスランキング


リンクして頂ければランキングに自動的に参加となります。

詳しくは⇒こちらから!

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。