アクセスランキング
amazon キャンペーン


amazon ranking


test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

onepiece ワンピース 679 確定ネタバレ

onepiece ワンピース 679 確定ネタバレについての最新情報

英語翻訳追加。

ところどころ修正、日本語版に近くしました。

今回はここまで!あとはジャンプ買ってね^^

英語を翻訳バージョン

679話 「心意気G-5」

ページ1&2

シーザー「終わりだ、シュロロロロロ!」
シーザー「このパンクハザードにもはや生物が生きられる空間は無い!」
シーザー「だが!ん~~~?」
シーザー「なぜ正面入り口にG-5共がいない!何故奴らの固まった姿が映らない!」
シーザー「これはシノクニの公開実験だぞ!」
シーザー「それに檻の中もよく確認できねぇなぁ!麦わらたちは?ローは?スモーカーはちゃんと死んだのかっ!?」

モネ「どう思う?ヴェルゴ」

ヴェルゴ「G-5の奴らが見当たらねぇのは奴らが逃げた証拠だ」
ヴェルゴ「ウチの海兵は暴力バカの集まり、自力じゃ逃げきれねぇ」

ヴェルゴ「何にせよローを逃がすのはいかんな、目的次第では直接消すしかない」

シーザー「なんだヴェルゴ、あいつらが逃げたとでも?」

ページ3

モブ「マスタァーー!」
モブ「ハァハァ、海賊麦わらのルフィを筆頭に」

モブ「敵全員がA棟ロビーに侵入!さらに奥へと動き始めました!」

シーザー「んなぁにぃいいい!?中へぇ!?」
シーザー「あの堅固なシャッターをどうやって開けたぁ!どうやって檻から出たぁ!」

モブ「不明ですが、とにかく皆、内部通路から脱出を目論んでいる様子!」

ダッダッダッダ

ページ4

チョッパー「みんな無事みたいだ、良かった」
チョッパー「誰がくれたか分からねぇけど、この紙、自力で逃げられるぞって意味だったのか!」
チョッパー「俺もなんとかドラッグの構造はわかった!鎮静剤も手にいれた!」

モネ「・・・・・・・」

チョッパー「で、俺どっち行ったらいいんだ・・・?」


シーザー「我が兵士たちはどうしてる!?」

モブ「A棟にはわずかな警備兵しかおらず」
モブ「本隊はB棟奥の屯所にて戦闘準備中!」

?「・・・・・」

シーザー「あいつらの目的は脱出だろう?R棟66番ゲートへ向かう一本道・・・」
シーザー「そうはさせねぇ!A棟B棟間連絡通路を塞げ!」

ページ5

第三研究所(シーザーの研究所)

シーザー「このゲートを閉じて、A棟を隔離しろ」

シーザー「そしてA棟の外壁を破壊し、シノクニを流し込むんだ!」

モブ「え!?そんな事をすればウチの警備兵も一緒に・・・!」

シーザー「いいからやれ!!監視でんでん虫の配備も忘れるな!」

モブ「え、マスター・・・」

シーザー「改めてブローカー達への公開実験を仕切りなおすんだ!これしきじゃぁ俺の化学力を伝えきれてねぇ!」

ページ6

シーザー「ん?なにかする気か?ヴェルゴ」

ヴェルゴ「そんな罠にかかるのは、せいぜいザコだけだ」
ヴェルゴ「ローやスモーカーを取り逃がして居場所を失うのはお前だけじゃないんだシーザー」
ヴェルゴ「任せておけねぇ」

ヴェルゴ「すべて切り裂いてやる・・・」
ヴェルゴ「ん?変だな、剣が見当たらない」

モネ「あなた剣士じゃないじゃない・・・」

ヴェルゴ「そうだ俺は剣士じゃなかった、どれ若僧どもを叩き潰して来るか」

ページ7

~研究所A棟の中~

マチェーテのルン「ここは通さないぞ麦わらぁぁ!グハホハホハホ」

マチェーテのルン「B棟門番!元海賊マチェーテのルンとは俺の事だお!」

マチェーテのルン「愛の科学者シーザーの名において!」

ルフィ「足が動物じゃねぇ!認めねぇそ俺は!」

ルフィ「なにタウロスだぁお前はああぁぁっ!」

マチェーテのルン「クモ''---ッ!」←下半身クモだったw

ページ8

ルフィ「どけどけ!」

モブ「ぎゃああああ」

ルフィ「おっ!」

ビービー

~A棟とB棟を繋ぐ通路~

ルフィ「でっけー通路!」

【CLOSE】

ビービー、ビービー

ページ9

ビービービービー

ロー「んっ!!」

スモーカー「ロー、これは何のブザーだ?」

ロー「この棟のゲートが閉まる警報だ、B棟に通じる道は一つしかない」

スモーカー「なんだと!?」

ロー「俺達を閉めだす気だろ、さっさと部下共を奥へやるんだな」

ページ10

~A棟の中、入口付近~

モブ「ローの言う時間制限の意味は分からんが逃がさんぞ!麦わらの一味!」

ゾロ「邪魔するんじゃねぇ!!!」

モブ「熱っ!!」

モブ「いてぇ!」

モブ「冷てぇ!!」

ページ11

ウソップ「うほー!頼もしいな三銃士!」

ブルック「ヨホホホホ」

サンジ「悪い茶ひげ!途中まで乗せてくれ」

茶ひげ「はぁはぁ、それは良いんだがお前らなぜあのドラゴンまで連れてきた?」

サンジ「あいつを捕まえればガスから逃げられると思ったんだが・・・」

茶ひげ「飛ばないのは鎮静剤打ってるからだ!」

茶ひげ「アレを連れて来たのは少々マズイかもしれん!」

ナミ「あの子危険なの?ちょっと可愛いんだけど!」

ドラゴン「グルルルルル」

モブ「これは滅多にない好機だ!絶対に捕まえて報酬がっぽり貰ってやる!」

ページ12

ゾロ「忠告したはずだ」

ギィン

モブ「た、大佐ちゃん?」

ゾロ「大佐になったのか?パクリ女」(ようわからん)

ゾロ「だが、戦意が無ぇな」

スルッ

たしぎ「ええ、お先にどうぞ!」

たしぎ「G-5!!今は戦ってる場合じゃありません!通路に急ぎましょう!」

ページ12

モブ「えっ?」

ビービービー

たしぎ?「この棟に一つしかない門が閉まりそうです!」

たしぎ「シーザーは我々をここに閉じ込めようとしています!」

たしぎ「我々はあの門をくぐるしかない!さもないと脱出できません!早く!」

モブ「こりゃやべぇ!早くするぞみんなぁ!たしぎちゃんの言った事をするぞ!怪我人を抱えろ!」

モブ「まっすぐ門へ向かうぞ!」

ページ13

ロビン「酷い事するわ」

ウソップ「なっ!?ロビン!お前いつの間に!?」

ロビン「うふふ、ルフィにちょっと頼まれ事を」

ナミ「どうでも良いけど聞いてる!?全力で走りなさい茶ひげ!」

茶ひげ「無理だ、これが俺のトップスピードだ!」

きんえもん「走ってばかりでござる!はぁはぁ」

ゾロ「何だ弱音吐くのか?」

きんえもん 「違う!」

ブルック「私は侍ではないのではっきり言います!もうイヤーーーー!!」


モブ「おい、なんで茶ひげが海賊どもと一緒にいるんだ?」

モブ「マスターを裏切ったのか?」

モブ「俺達の恩人を!?」

モブ「どうでもいいが、俺達も逃げなきゃやばい!」

モブ「急げG-5!」

モブ「本当だ!閉まりかけてる!」

モブ「早く早く!」

↑モブの多さ天下一品

ページ14

~研究所の外~

(砲台用意!)

(的は・・・)

(第三研究所のA棟だ!)

モブ「うわぁあああああ」

たしぎ「えっ!」

モブ「壁が壊された!こ、これって!?」

モブ「やばいぞ!!」

ページ15

「殺人ガスが中に入ってきた!」
「にげろおおおおお」

モブ「ああああ!助けて!」

モブ「おい!」

モブ「ぎゃあああ」

ゾロ「門の中に飛び込め!入れなかったら死ぬ!」

ページ16

「よし!間に合った!」

たしぎ「きゃあ!」

モブ「うわっ!大佐ちゃんが降ってきた!」

たしぎ「はぁはぁどいてください、我々の仲間がまだ外にいます!」

モブ「大佐ちゃんどうして飛ばされてきたんだよ?誰かに押されたのか?乱暴な!」

モブ「そしてもう出れないぜ?門はもう・・・」


ページ17

モブ「大佐ちゃんやめなよ!もう遅い!」

たしぎ「馬鹿なんですか!?仲間が外にまだいるんです!」

モブ「もうなにもできないっすよたしぎ大佐・・・・」

モブ「良くやった仲間達よ!大事な大佐ちゃんを無事に受け止めたな!」

ドン!!

v(゜ワ゜)v  (゜Д゜)b   d(゜Д゜)

シーザー「シュロロロロ」

シーザー「シュロロロロゴミめ!生き残りやがって!誰も逃がさん!」





ワンピース 第679話 

心意気G-5

扉絵はコリブーが迎えに来た

爆発の効果を喜ぶシーザー 

G-5の面々が映らない事と檻も確認できないってを気にする。

ヴェルゴは逃げたんだろうと言っている。

部下からの報告でシーザーに脱走が伝わる。

その会話をしている所からチョッパー脱出。

モネは気付いてるみたいだが見逃した。

チョッパーは鎮静剤とドラッグの構造は分かった。

飛んできた紙切れは自力で逃げられるって意味だった。

そして迷子になるチョッパー。

脱出するために向かう所を遮断してA棟の外壁を破壊してA棟にシノクニを流しこめと命令するシーザー。

ヴェルゴはそんな罠にかかるのはせいぜい雑魚だけだからと出陣。

ヴェルゴ『全てを斬り裂いてやる・・・・ん?変だな剣が見当たらない・・・・』

モネ『あなた剣士じゃ無いじゃない』

ヴェルゴ『そうだ俺は剣士じゃ無かった・・・・どれ若造どもを叩きつぶしてこよう』

ルフィ、ロー、スモーカー、ゾロブルック錦えもん 
各自闘いながら進む。

茶ひげにのる残りの一味、茶ひげがドラゴンを研究所に入れたのは少々まずかったかもと言い出す。

隔離される扉の目の前で外壁が壊されガスが侵入、
急いで避難するも扉は閉まっていき、ギリギリ間に合ったのは一味と数名G-5、

外側で取り残された海軍達はたしぎを助けるために外に残って親指を立てたまま固まった。


次週





~onepiece ワンピース 679 確定ネタバレの前に~


ワンピース 678話、ルフィの「ゴムゴムのUFO」には失笑でしたw

なんというか・・・ダサいw

これからのお話は3手に分かれての展開ですね。

ルフィ⇒シーザー

スモ⇒ヴェルゴ
(たしぎ達は子供救出とか)

錦えもんとゾロ達⇒モモの助探しと子供達救出


まぁ、ルフィにはなんとしても頑張って頂きたいものです。
あっさりシーザーにやられた時は「マジか!」と思いましたよねw

スモーカーはヴェルゴ相手に男を見せられるかどうか。

ルパンでいう銭形的な役割なら死ぬことは無いと思いますが、
こちらもどうなるか見物です!


次回、onepiece ワンピース 679 確定ネタバレは8月29日以降の更新予定です!

お楽しみに~



関連記事

三十路のゾロ
三十路のゾロ
皆さんよろしゅー^^
  
//お問い合わせ//
 
スポンサード リンク
検索フォーム
サイト内検索

ウェブ検索

投票してね!
アクセスランキング


リンクして頂ければランキングに自動的に参加となります。

詳しくは⇒こちらから!

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。