アクセスランキング
amazon キャンペーン


amazon ranking


test
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルト naruto 588 確定ネタバレ

ナルト naruto 588 確定ネタバレについて


詳細です





ナルト naruto 588 

影を背負う

(※原作詳細と一部英語版を訳したものになります)



イタチ、カブトの眼鏡をカチャと取る

イタチ「これで・・・転生の死人は全て消える」

サスケ「・・・・・・!」

イタチ「戦争も終わりの時が近づく」

サスケ「・・・・・なら・・・兄さん・・・アンタも・・・」

イタチ「・・・オレは木の葉隠れのうちはイタチとして・・・
もう一度忍里を守ることができる。もうこの世界に未練はない」

サスケ「何故だ?!何故木の葉からあんな仕打ちを受けておきながら
そうなるんだ?!俺は木の葉を許せない!例えアンタがそうしても!
この世に未練が無いだと?!今の俺を作ったのは、アンダなんだぞ!!」
ハァ、ハァ、と呼吸するサスケ

イタチ「・・・・・・」

イタチ、ナルトを思い出す

イタチ「お前変えるのは、俺じゃない」 そっぽを向くイタチ

サスケ「!?」

イタチ「だから・・・俺がせいぜい出来るのはこの術を止める事だ・・・
これでナルトに託した事と同等になる」

サスケ「!?」

イタチ、カブトの目に左手をかざし、彼の両目をクイッと上げる。

イタチ「(穢土転生を止める方法を教えろ・・・)」ギンッと瞳術をかける

カブト、ビクンとなる。


所変わってマダラ対五影の戦場。

スサノオに殴られる水影

水影「キャァッ!」

ガアラ「!!」

ガアラ、投げ飛ばされた水影を砂で受け止める

ガアラ、自分へのスサノオの攻撃を砂の壁で防御する

ガアラをスサノオの剣の群れが襲い、砂で防御するが水影の近くへ弾き飛ばされる。

ガアラ「うぐっ・・・」
10体のスサノオが二人を見下ろしている

水影「強すぎる・・・一体どうすれば・・・」

ガアラ「だな・・・このままいけば・・・」

綱手「うぉぉぉぉぉッ!」綱手、飛んでくる

綱手「オラアァァァァッ!」ゴッとスサノオを一体殴りつける

雷影「火影!何だ攻撃がいい加減になっとるぞ!
後に回せ、そんな戦い方しとったら持たん!」

火影「あたしは命をかけて戦ってるんだ。こうでしかあたしはやれん!」
<※原作日本語バレ>

綱手「ぐっ!」ガクンとなる。

雷影「火影!!」

マダラ、スサノオで雷影を鷲掴みにし、永万華鏡で雷影を幻術にかける

雷影「(しまっ・・・)」

雷影「クソッ・・・このワシともあろう者がたかが写輪眼の幻術などに
かかるとは・・・!」

雷影、5体のスサノオに囲まれて攻撃されかけるが、

オオノキの土遁に守られる。

オオノキ「解!」オオノキ、雷影の幻術を解く

雷影「すまぬ、土影・・・」

マダラ「オオノキめ・・・どうやら戦場の場数の違いが出てきたようだな。
(スサノオを加重した岩で止め、雷影をも守ったか・・・)」

オオノキ「立て!!・・・影よ!!これは生きるか死ぬかの戦いじゃ!
めそめそしてる場合ではない!!」

4影「!!」

オオノキ「これが五影の最後なら、
最後の言葉で我らの名声を傷つけるようなマネは出来んぞ!」

ガアラ「ナルトは俺たちにこの戦いを託した!」ガアラ、立ち上がる

綱手「あたし達はこの戦いを奴から取り上げ、
いかにしても勝つと誓った!」綱手、立ち上がる

雷影「そしてもう一つ、全ての忍達から託されたことー」雷影、立ち上がる

マダラ「・・・」

オオノキ「彼らは五影の名を我らに託してくれた!
彼らを失望させるわけにはいかない!!!」五影、共に立つ。

スサノオ軍団がゾロゾロ集まってくる


マダラ「オオノキが問題だな・・・(こいつの心の臓を破らねば)」
向かってくるスサノオの群れ

オオノキ「もうワシらにチャクラはほとんど残っていない。これで最後と思え!」

綱手、オオノキの肩に両手を置く。

オオノキ「もっと、もっとじゃ、姫!!」

綱手「分かってる!!」綱手がオオノキに力を送っている。

オオノキ「塵遁・限界剥離の術!(※すみません漢字は不明!)」
ズンッ、と立方体の巨大なものが現れる。

マダラ「(スサノオを向けたから、俺の塵遁吸収は間に合わなかったか・・・)」
右腕と右足を失いつつ回避するマダラ。

オオノキ、更に両腕を広げる。

マダラ「水の中に砂が・・・」水と砂が混ざったようなものがマダラの体を覆って行く
ガラダ「まだだ!」

水影「(砂を取り除くには、奴は術を止めるしか無い。
勿論そうなれば・・・雷電の水弾が奴を麻痺させるけど?」水を吹きながら。

オオノキ「(そして奴が出て来た時、別の塵遁で叩き付ける!
そうすれば封印に必要な十分な時間を確保出来る!)」

オオノキ「見たか?!これが五影の全力だ!!」

マダラ「(成る程・・・確かに奴らは影の名にふさわしい・・・)」
封印の札がマダラを覆うドロドロ砂にくっついている。
が、札が剥がれる。
<※原作日本語バレ>

マダラ「ならばうちはマダラも 全 力 で 応えよう。
五影も何も全てが無駄になるということを・・・

この完成体 スサノオでな!」ズオオオオと、完全体スサノオが現れる。

最凶、降臨!

次週









naruto 588 ネタバレは最新に更新されました



関連記事

三十路のゾロ
三十路のゾロ
皆さんよろしゅー^^
  
//お問い合わせ//
 
スポンサード リンク
検索フォーム
サイト内検索

ウェブ検索

投票してね!
アクセスランキング


リンクして頂ければランキングに自動的に参加となります。

詳しくは⇒こちらから!

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。